まさおかブログ

経験したことを書いてる雑記ブログ

【感想】映画『きっと、うまくいく』はインド文化が学べる&学ぶきっかけになって、いい映画

f:id:gasgasgask:20200108193045j:plain

インドのことを知りたい・・そう思い見た映画がこちら

映画『きっと、うまくいく』です。

インド映画の『スラムドッグ&ミリオネア』は見たことがありましたが、『きっと、うまくいく』は名作と言われながら見たことがありませんでした。

 

 

170分の長時間映画ですけど、面白かったのであっという間に終わった印象です。

ネタバレは無いように書いてます。昔見たことがある人は懐かしんでください。

 

目次

あらすじ

インドの超難関理系大学・ICEに入学したランチョー、ファラン、ラージューの3人は、バカ騒ぎを繰り返し鬼学長を激怒させていた。彼らが卒業してから10年後、ランチョーが行方不明となり、ファランとラージューは彼を捜す旅に出るのだが…。

「きっと、うまくいく」(洋画 / 2009年)の動画視聴・あらすじ | U-NEXT

きっと、うまくいくの予告編 動画

 

ざっくりした感想

真面目に校長の言いなりになっていた人は、会社でそこそこの地位につくけども、人の評価ばっかりを気にした人間。

一方で、好きなことを仕事にした人は成功をおさめていた。

人の言いなりの人生よりも、自分で好きなことをして過ごす人生の方がステキやんっていうことが伝わりました。

 

「ゴーカン」や下品な描写が多い作品

「ゴーカン」を連呼したり、下品な描写が多いです。

下ネタが苦手な人によっては不快な気分になるかもしれません。

 

インド社会について学べる&学ぶきっかけになる

f:id:gasgasgask:20200108192448j:plain

この映画をみて、3点ほど「なんでなんだろう?」という疑問が湧いたので、調べてみました。

  • インドの学歴社会ゆえに引き起こす高い自殺率
  • なんでカースト制度で縛られているのにエンジニアを目指すのか
  • 女性は結婚する時に貢物をしなくちゃいけない文化

それぞれ紹介していきます。

 

インドの学歴社会ゆえに引き起こす高い自殺率

この映画では、貧しい家庭の息子でも学問競争に打ち勝ち、エンジニアになればお金が稼げて裕福になることを親が説得させてます。

留年が決まったら自殺を起こす生徒の描写は、親への申し訳なさ、競争に敗れたことを表しているように感じます。

 

下の記事はインドの自殺の現状です。親のプレッシャーによる勉強のストレスは計り知れないものなのでしょう。

成績が伸びずプレッシャーに耐えられなくなり、自殺する子供たちが相次いでいる。政府当局の統計によれば、15年には約2600人が試験の成績不振を理由に自殺した。天井の扇風機にひもをかけて首をつるケースが後を絶たないため、バネを取り付けて一定の重みがかかると、天井から外れやすくした機種が売り出された。

https://globe.asahi.com/article/12534952

globe.asahi.com

 

なんでカースト制度で縛られているのにエンジニアを目指すのか

インドのカースト制度は1950年に廃止されました。

しかし、未だにカースト制度が残る国です。

 

北インドの方では若者を中心にカースト制度が崩壊しつつあるようですが、まだまだカースト制度は健在のようです。

下の記事はカースト最下層の人が上位の人の前で食事をしたら、殺された事件です。

上級国民恐ろしいですね・・

www.bbc.com

 

そんな理不尽なカーストから脱却する方法の一つがエンジニアになることです。

カースト制度が廃止された後にできた職についてはカースト制度の影響を受けません。

そのため、カースト制度撤廃後にできたIT産業はインドの就職先に大人気。

エンジニアになることで、カースト差別から抜けようとしているのです。

 

 

この映画でも、貧しい家庭に生まれたファランが「エンジニアになって家族に楽をさせたい!」との思いで勉強に励んでいます。

ラージューは自分は写真家になりたいのに親から「エンジニアになれ!」と言われて仕方なくエンジニアを目指してます。

 

 

女性は結婚する時に貢物をしなくちゃいけない文化

貧しい家庭のファランの姉は結婚ができていません。

理由は、家が貧しすぎて婚約者に渡す持参財(ダウリー)を買う余裕がないから。

インドでは、花嫁側が花婿側に対して持参財を渡す必要があるのです。

 

持参財(ダウリー)とは、

  • お金や貴金属等
  • 土地や家屋
  • 家財道具
  • バイク、自動車

などなどです。

 

花婿側と花嫁側で持参財について合意されれば、持参財の受け渡しを経て婚約が確定するそうです。 

 

 

終わりに

「きっと、うまくいく」はとっても面白い映画です。

自由に好きなことをする人生が素晴らしいことと教えてくれます。

インドいダンスと飽きさせないストーリー展開で長時間映画と感じさせない工夫がなされてます。

 

また、面白いだけでなく、インドについて知るきっかけになります。

インドの歴史や文化に興味を持つにはこの映画がオススメです。

 

ただ、下品な映画はちょっと・・という人は見るのをオススメしません。

恋人や家族で見る映画ではないです。一人で笑いながら見ましょう。

 

この映画を見てこれからやばいことがあったら「Aal Izz Well(きっとうまくいく)」を唱えましょう。

人生なんとかなるはずです。

 

「きっと、うまくいく」はU-NEXTで1ヶ月間無料で見ることができます。

まだ登録されていな方は、登録して1ヶ月間楽しんだらやめましょう。

 

参考になると嬉しいです!

 

 

www.workoutmasaoka.com