まさおかブログ

経験したことを書いてる雑記ブログ

第一印象はなぜ大事?人は直感で判断する。【行動経済学】

 

f:id:gasgasgask:20191121200636j:plain



「この人かっこいい!この人すごい美人!」

という人はインスタグラム等ですごい人気がありますよね。

普通の一般人なのに容姿だけで大変人気がある方々。

羨ましい、何食ってんだ?、私もなりたい!・・

と思います。

 

なんでネット上でしか知らないかっこいい人や美人の印象がいいのか。

 

第一印象がいいからです。

 

「当たり前やん!」って思いますよね!

 

第一印象がいい人はなんでみんなから憧れる人になるのか。

なぜなら、人は直感でほとんどのことを判断してしまうから。

 

なぜ人が直感で判断してしまうことを説明してくれた本がこちら。

 

「直感で判断してない!ちゃんと考えてるわ!」

と思っても人間の脳は不真面目であることが書かれてます。

 

 

なぜ直感で判断しちゃうのか。その理由を書いていきます。 

f:id:gasgasgask:20191121195700j:plain

目次

第一印象がいいやつと判断するのはなぜか。

人間はパッと見たら全てを判断します。

 

化粧品の広告で美人を採用しているのは第一印象がいいからです。

「私もこんな美人になれるんや!」

と直感で思わせることができるからですね。

 

 

筋トレをやっている方からしたら絶望的にウザいHMBの広告もそうですね!

*HMB→サプリメントプロテイン20杯分だったかの作用があるらしいよ

 

「これを飲んだだけで腹筋がパッキパキ〜〜」

みたいな腹筋板チョコの画像を見せることで、

「ワンチャンこれ飲めば、俺も腹筋割れる〜〜」

と筋トレをやったことがない人は判断してしまうからですね。

 

筋トレ民にH○Bの広告について話すと、

「そんな訳ないだろ!筋肉ナメんな!俺が腹筋を割るためには適切な運動と食事管理があったから〜・・・」

といった感じで長い授業が始まります。

初心者はジムで気軽にゴリラに「HMBってどうなんですか〜」とか言わないように。

 

f:id:gasgasgask:20191022200348j:plain

話が逸れましたが、

全ては直感で判断します。

 

1+1

を見たら2!と直感というか速攻で判断できます。

これを著者は

「システム1」

と呼んでいます。

人間の直感で、パッと見たら判断できることですね!

 

一方で、

58✖️79

を見たら、

「え、8✖️9=72、、5✖️9=・・・」

という感じですよね。

パッと見て判断できる人は、

「俺はインド式計算を身につけているからね(ドヤァ)」

っていう人くらいでほとんどの人はすぐに判断できないはず。

 

f:id:gasgasgask:20191121200004j:plain

この計算式を直感で判断せず、論理的に考える作業を

「システム2」

と著者は言ってます。

このシステム1で判断し、システム2で論理的であるかを確認します。

 

 

直感で判断しない!努力により判断するぞ!!と思っても

システム1で美人、パッキパキの腹筋を見ても、論理的に考えるシステム2があります。

そのため、私もこうなれるかも!とシステム1の直感で判断しても、冷静に考えるシステム2のおかげで適切な判断ができるのではと思います。

ここで冷静な判断とは、

  • 本当に効果のあるものなのか。
  • 具体的な根拠はあるのか。

などなどですね!

 

しかし、残念なことに、システム2は怠け者です。

ここで本に書かれている問題を出します。

 

Q. バットとボールは合わせて1ドル10セントです。

  バットの値段はボールよりも1ドル高いです。

  ボールの値段はいくらでしょうか。

5セントですね!

バット 1ドル5セント

       +       合わせて1ドル10セント

 ボール  5セント

 

僕は10セントでしょ?って答えました。

しかし、計算を考えるシステム2が働くと、

ボールが10セントだとバットが1ドル10セント、

合わせると1ドル20セントになってしまう!

と気づけます。

 

僕は全く気づくことなく、10セントって答えました。

説明を聞いてもよく分かっておらず、紙に書いたらわかりました笑

今考えると、なんでわからなかったんだろうって思う問題ですね・・

 

f:id:gasgasgask:20191121200241j:plain

システム2により、計算をしたらわかることです。

しかし、システム2は怠け者です。

システム1の直感により判断をしてしまいます。

 

だから、企業は美人を採用し、この商品が欲しい!と直感で購買欲をあおるCMを作るのですね!

 

また、株も同じです。

  • この企業はいい企業だ!
  • 社長の考えに同意した!
  • いい感じで株価が下がっている!ここが底や!

と直感で判断します。

詳しく会社について調べまくった結果、購入を決定した!

という人でも、最初の直感でいい企業だ・・と判断していることが要因にあります。

慣れていない素人はそうですね。

 

システム2は怠け者。ビジネスでも

結論から話されるとシステム1の直感で「それは良い!悪い!」が判断できます。

だから、結論から話せ!って言うんですよね。

ビジネスでも直感で判断をするため、怠け者のシステム2は稼働しません。

 

f:id:gasgasgask:20191113224450j:plain

そのため、説明する際にわかりにくい文章は避けたほうがいいのです。

 

わかりにくい文章、表現の例

ダラダラ書いて最後に結論を持ってくるパターン

→最初に結論を持ってこい!と言われる。

 

「それ」「これ」などの読んでいてわかりにくい指示語

→何をいってんの?と「それ」を示す言葉探しの冒険

 

わかりにくい文章は読んでいるときにシステム2を働かせることになります。

ゆえに、論理的に考える作業を必要とします。

 

国語の授業では

「それ」が表す文章を選びなさい。

みたいなテストがありました。

 

ビジネスの場ではテストをしている場合ではありません。

上司からすると、

「何書いてんだがよくわからん報告書だなぁ」

となります。

 

すぐに判断しなくてはいけない上司に対して、国語のテストをしていても無意味&無能の烙印を押されます。

 

だから、システム1の直感ですぐにわかる文章を書く必要があるのですね!

 

f:id:gasgasgask:20191121200836j:plain

まとめ

  • 人間は直感で判断する。
  • 直感で判断するので、考える作業は怠ける。
  • ビジネスの場でも考えさせないような文章を。

 

 

 

他にもファスト&フローにはたくさんのこと(人間がいかに合理的ではない行動をしてしまうのか、人間って楽観主義なんだよ〜とか)が書かれてます。

 

 

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

f:id:gasgasgask:20191121201549j:plain